今朝の月

明るくなってから…しかも、ほとんど曇りでしたけど、雲のすき間から何とか見ることができました。(撮影は06:10前後)

北東~東の空はこんな感じ。北北東の超低空には晴れ間がありますが、南方向へ行くにしたがい雲が濃くなっています。

f:id:docan:20210307221414j:plainf:id:docan:20210307221410j:plain

で、肝心の南はこんな感じ…。あまり望みはありませんが、そうかといって完全にあきらめる程の悪さでもありません。
f:id:docan:20210307221451j:plain

粘ること数分、ちょっとだけ見えました。(上のコマと微妙に撮影場所が違います。)ちょいズームアップ。
f:id:docan:20210307221536j:plain

もうちょっとズームアップ。
f:id:docan:20210307221529j:plain

何とか撮った、いつものx50ズーム。
f:id:docan:20210307221532j:plain

今朝の月

朝のうち、薄雲の向こうに月が見えました。もっと早く起きれば良かった…。

南西の空です。これではわかりづらいですね…。
f:id:docan:20210305222629j:plain

ちょっとズーム。電柱の頭の右上です。
f:id:docan:20210305222633j:plain

さらにズーム。左下端に電柱の頭を入れました(笑)。
f:id:docan:20210305222622j:plain

いつものx50ズーム。
f:id:docan:20210305222626j:plain

今日から明日にかけて、お天気は下り坂のようです。

天体観測用LEDライトの調整

天体観測用のLEDライト、ちょっと調子が悪かったので調整しました。修理…って言うほどではないので…調整…ってことです。
なお、この製品は既に販売中止になっているようです。残念ですけど…。

天体観測の時には暗いところに目を慣らしてから(暗順応)行いますが、スケッチや記録を書くときには照明が必要になります。この際、あまり明るい照明を使うと、せっかく暗いところに慣れた目が元にもどってしまいます(明順応)。このため、目に刺激が少ないとされる赤色の照明が昔から使われてきました。
でも赤色の暗い照明だけだと、例えば観測終了時の片付けには明るさ不足。十分明るい照明がないと、レンズキャップやネジなど無くしてしまう事もあるかもしれません。

そこで天体望遠鏡ショップの企画でできたのが、赤白切り替え式LEDライト。こんな製品です。(調整後の画像です。)

  • 白い光と赤い光が切りかえできます。
  • しかもボリュームがついていて、明るさを自由に変えられます。

f:id:docan:20210304221559j:plainf:id:docan:20210304221612j:plain

正面から見るとLEDが4個あります。白色が2個、赤色が2個です。

f:id:docan:20210304221608j:plainf:id:docan:20210304221603j:plain

ところがこのLEDライト、どうも調子が悪くて、点いたり消えてしまったりします。どこか接触が悪いようです。
そこで今回行った治療(笑)。何か調子が悪いときの基本の「き」ですけど。電気製品なら、電源オフだけでなく、一度コンセントからプラグを抜いて差し直す…とか、その類いです。

  • 006P電池の交換。(しばらく変えてない)
  • 基盤ごとガタつきがあるので緩衝材を貼る。(片側しか貼ってない)
  • ボリュームをバラせればバラしてみて、再組み立て。

f:id:docan:20210304221811j:plain

電池交換のためバラしてみると…中の基盤+電池、これはめ込んであるだけ。固定していないんです。画像上のボディ内面にスポンジラバーのような緩衝材がありますが、これ、下側にはないんです。
f:id:docan:20210304221814j:plain
ホームセンターで買っておいた「クッションラバー」を貼付。

f:id:docan:20210304221848j:plainf:id:docan:20210304221844j:plain
右上は、中にラバーを貼ったところ。パーツを見て下さい。電池ケースもなし、基盤を固定するネジ穴もなし…実にシンプルです。
次はボリューム。つまみ(円盤部分)を触ったときに、点灯したり消えてしまったりします。どうも斜め方向にたわんでしまうみたいです。あまり根本的な解決とも思えませんが、とりあえず中央のネジを外して、つまみを外してみたのが下の画像です。
f:id:docan:20210304221920j:plain
で、軽くホコリを除去して再組み立て。ド素人にできるのはここまでです。

…何となく、うまく行った気がします。ちゃんと点灯し…いや、点灯する確率が上がりましたので(笑)。

花粉光環を撮るために

昼間の空の話です。太陽の周囲には、時々いろいろな現象が見られます。気象光学現象と言ったりしますが、主に水や氷粒によるものです。ところがこの時期、全然違う物によって起きることがあります。それが、「花粉光環」。主にスギ花粉によるものです。
昨日、雨が降り、今日は良く晴れました。こんな日には花粉がたくさん飛びます。予想通り、太陽の周囲に虹色のリング、花粉光環が見えていました。
f:id:docan:20210303221827j:plain
太陽本体は屋根の角で隠しています。

ちょっとアングルをずらして…太陽がこのくらいに写る、軽い望遠レンズです。露出は完全にオーバーです。
f:id:docan:20210303221815j:plain


この撮影に際しては、明るすぎる対象を減光する特別なフィルターを使用しています。今回はND400という、露出倍数400倍の濃さのフィルターを使用しました。
見つからなくてぼやいていたら、最近になって、星仲間のみゃおさんが譲ってくれた、というものです。ありがとうございます。
ちなみに、日食などで太陽本体を撮る時は、ND10万や、ND400二枚重ね(≒ND16万)を使用しています。

ところがこのND400、今使っているカメラにはちょっと小さいのです。どんな具合かと言うと…次の画像、とりあえず取り付けて広角端で撮ったものです。これ、円形フィッシュアイレンズではありません。ただの広角レンズですが、要するに「ケラレ」ているわけです。
f:id:docan:20210303221819j:plain

でもまぁ、このくらいにズームして、中の方の像だけ使ってやればケラレは問題ありません。今回は太陽の周辺の空のみが対象ですから、どうせある程度ズームで拡大しないといけません。
f:id:docan:20210303221823j:plain

そんな、小さくて合わないフィルターをどうやって取り付けたのかというと、ステップダウンリングを複数枚重ねてしまうという、無理矢理な方法によるものです。
これはズーム使用時のまま室内に持ち込んで撮ったものです。変な形(笑)。でも格好はともかく、取りあえず使用することはできます。
f:id:docan:20210303221806j:plain
一番太い、すべり止めがわかりやすいリングは、純正のフィルター取り付け用リング。67mm径フィルター用です。
さらに5種類のリングを仲介し、一番筒先にあるのが49mm径ND400フィルターです。
f:id:docan:20210303221718j:plain
ちなみにステップダウンリングは次の5枚です。

  • 67mm-62mm
  • 62mm-58mm
  • 58mm-55mm
  • 55mm-52mm
  • 52mm-49mm

とりあえずいろんなパーツを持っていれば、何かしら役に立つことがある…って事で、こういうのがあると、物を捨てなくなっちゃいますねぇ…(笑)。

ネットにつながらない…

今日の午後から、PCからインターネットに接続できません。そのため足跡のみ残しておきます。

たぶん、モデム(NTT PR-500MI)が壊れたんじゃないかと…pppが点灯しないしのです。たしか3年前から使っているはず。明日、サポートに電話してみましょう。

ちなみにこれは、スマホから更新しています。


24:24続報【復活!!!】
あれっ…繋がったぞ?PPPは点灯してないけど?
ダメ元でやってみたのですが…

  1. PC、モデム、ルーター全部一度電源OFFにして(電源ケーブルを一度抜いて)、モデム→ルータの順に電源ONしてしばらく放置しました。
  2. その後、セカンドPC(Windows7)を立ち上げ、これでネットワークHDDがつながるか試してみようと、ルーター設定ページに入ったら…それだけで既にインターネットに接続していました。設定ページに入ったことが関係あるのかどうかはわかりません。(単に時間がかかっただけかもしれません。)
  3. メインPC(Windows10)も起動して接続を確認。
  4. ちなみにPPPは相変わらず点灯していません。IPoE方式で接続時に、PPPが消灯しているケースもあるそうです。これは、消灯している状態が正常、という事らしいです。(実は何言ってるのか本人よくわかっていません…。)
  5. 今回のトラブル、モデム~ルーター間の、何かしらの不具合みたいです。
  6. わが家のインターネットは…どうやら、PPP点灯してなくて接続状態にある、って事みたいです。