七夕の夜

さっき空を確認。織姫と彦星、雲の間から見ることができました。天の川は…雲の向こうのようです。大きな川に霧がかかっているような状態でしょうか。
新月直後ですし、夕空の彗星観測を、と思ったのですが、肝心の北西天~西天は30度以下全て雲の中です。北斗七星のαβは見えますが、それより上もかなり雲が多くて、観測はあきらめました。晴れたとしてもこの湿度、低空はかなり見え味が落ちると思われます。(それでも夕立がないだけまだマシなのかも…?)

さて次はいつ晴れるんだろう?
あ、いや…普通の方は『何言ってんだ?毎日晴れてこんなに暑いじゃないか?』と思うでしょうけど、この場合の「晴れる」は「天体観測ができる程度に透明度の良い晴天」のことです。「陽射しがあれば晴れ」という尺度ではありません。まぁ、天文マニアの独り言ですので、どうぞお気になさらないように…。

しかし…暑くていやになりますなぁ…。