今夜の一杯“Jura”

アイランズのジュラ島のシングルモルト、「ジュラ」です。ジュラ島は、アイラ島のすぐ東隣にある島で、人口よりも鹿の方が多いそうです。



独特の形のボトルは、持ちやすくできています。ラベルの部分は小さいです。


赤がジュラ島。青がマル島。


ライトな甘い風味があります。すっきりして飲みやすいという印象です。後口もすっきりしていて、キレの良い感じ。ピート香は少なめですが、あります。「ジュラ」はノンピートの麦芽を使っているはずですが、ピート層を通ってくる水を使っているので香りが残っているのですね。

ちなみに、「ジュラ紀」のジュラとは無関係です。ジュラ紀の方は、フランスとスイスの国境付近にある「ジュラ山脈」から来ています。
ついでに、この山脈からとられた名前で、月にもジュラ山脈というのがあります。虹の入り江の北側にある山脈です。月には、この他にも、アルプス山脈アペニン山脈など、地球の地名をそのまま使ったものがあります。