今夜の一杯“キュヴェ・ラ・ヴィリエル”(白)

一昨日の赤に続き、同じ銘柄の白です。


以下、ウェブより情報収集。

ロワールのネゴシアン“マルセル・ヴィリエール社”が手がける、フルーティでエレガントな香りを持った、ハイレベルなテーブルワイン。魚料理、白身の肉はもちろんのこと、カシス等リキュールと合わせるとすばらしいカクテルになります。

…って、某ウェブページにあったんですが、これってラベルそのまんまやんw ていうか、「リキュールと合わせるとすばらしいカクテル」って、ストレートだと美味くないですよって暗に認めているなぁww

はい。そんなわけで、クセのない、水のような白ワインです。香りの第一印象には「ハチミツみたい」と感じる成分がありました。味は、軽い酸味で、甘味のないぶどうジュースっぽい。とにかくあっさりした味がお好みの方にしかお勧めしません。まぁ\500円台ですからこんなものでしょう。


「ワインに合うスナック」の赤い袋を開けてみました。見た目は全く変わりませんw

奧の三角形のが鶏の赤ワイン煮風味。手前の波形のがベーコン・オニオンソテー味。やぁこれ、普通に美味しいですよ。「どこが赤ワイン煮やねん!」とか「どこがベーコンやねん!」みたいにつっこむ楽しみもあるし。全体的に見てこっちの袋の方がお買い得感があります。ちなみに一袋\100(65g入)でお買い求め安い設定です。